ニュース

メディア掲載事例

2012.12.21
『住む。』で「ウッズデスク」「ウッズワゴン」が紹介されました。

『住む。』(冬号)

『住む。』(冬号)の
「SUMU SQUARE(スム・スクエア) "GOODS"」のコーナーで、
オークヴィレッジの「ウッズデスク」「ウッズワゴン」が紹介されました。

「スム・スクエア」は、読者の方々からのお便り、
編集部からのレポートが集まる情報の広場です。


clubism

----------------------------------------------------------------------
住む。(季刊 冬 NO.44)
出版社:株式会社泰文館
12月21日(金)発売 | 定価1,200円 (税込み)
----------------------------------------------------------------------

2012.12.20
金沢の情報誌『Clubism』で「森の合唱団」などが紹介されました。

リンネル特別編集『リンネルZAKKA』

金沢の情報誌『Clubism(クラビズム)』の
「フィンルースからの贈り物」というコーナーで、
オークヴィレッジの「森の合唱団」「積木セット」
「小さな森の合唱団(琉球版)」が紹介されました。

フィンルースさんは、
北欧雑貨やインテリア用品を扱う金沢のお店で、
オークヴィレッジの商品も置いていただいています。


clubism

----------------------------------------------------------------------
Clubism
出版社:株式会社金沢倶楽部
12月20日(木)発売 | 定価580円 (税込み)
----------------------------------------------------------------------

2012.12.11
『ecomom』でオークヴィレッジの商品が紹介されました。

ecomom

『ecomom』(12月号)の、
「冬のエコギフト」のコーナーで
オークヴィレッジの「森の合唱団」
「ツーウェイミラー」などが紹介されました。

他にも、オークヴィレッジが木部を手がけました
「MOTTAINAIの森 バターケース&バターナイフ」
「more trees 鳩時計」なども紹介されています。

リンネルZAKKA

----------------------------------------------------------------------
ecomom(12月号)
出版社:株式会社日経BP社
※『ecomom』は、
アンケートや調査に答えることを条件に
無料で届けられる情報誌です。
----------------------------------------------------------------------

2012.12.06
『民藝の教科書B 木と漆』でオークヴィレッジが紹介されました。

リンネル特別編集『リンネルZAKKA』

『民藝の教科書B 木と漆』で、
飛騨の木工家具工房としてオークヴィレッジが紹介されました。
38年前のオークヴィレッジ創業当初、
ナラが「雑木」と呼ばれていたこと、
そのナラに漆を塗ることに対する風当たりも
強かったことなどが紹介されています。

他にも、
「木と漆の基礎知識」や「いまさら聞けない木と漆のいろは」、
「産地を訪ねて、木と漆を知る」 などもりだくさんの内容です。

リンネルZAKKA

----------------------------------------------------------------------
民藝の教科書B 木と漆 
出版社:株式会社グラフィック社
定価2,100円 (税込み)
----------------------------------------------------------------------

2011.11.24
「産経新聞」の記事の中で稲本正のインタビューが掲載されました

11/21(水)の産経新聞
「香りや手触り・・・五感を刺激 国産材『木製玩具』復活」 の記事の中で、
オークヴィレッジ代表・稲本正のインタビューが掲載されています。

記事では、外国産が主流の木製玩具の中で、
今、国産の樹木を使ったが玩具が人気を集めていることについて紹介されています。

2012.11.24
『MONOCLE』で「Oak Village Children's Blocks」が紹介されました。

リンネル特別編集『リンネルZAKKA』

グローバル情報誌『MONOCLE』で、
『MONOCLE』と オークヴィレッジが共同開発した
「Oak Village Children's Blocks」が紹介されました。

商品の紹介の他、オークヴィレッジ代表・稲本正が、
原子物理学を捨て オークヴィレッジを始めたことや、
東日本大震災の後に、
東北でドングリ拾いを行ったことなども紹介されています。

リンネルZAKKA

----------------------------------------------------------------------
MONOCLE 
出版社:Monocle(イギリス・ロンドン)
『MONOCLE』59号 | 2012年12月/2013年1月 | 2012 Dec - 2013 Jan
定価2,310円 (税込み)
----------------------------------------------------------------------

2012.11.20
リンネル特別編集『リンネルZAKKA』で「寄木の積木」などが紹介されました。

リンネル特別編集『リンネルZAKKA』

リンネル特別編集『リンネルZAKKA』で
オークヴィレッジの「寄木の積木」「REクロック」などが紹介されました。

「ゴロゴロしながら、お家でクリック!お家でお買い物」という特集内での紹介です。

オークヴィレッジ以外にも、
素敵なショップがたくさん掲載されておりますのでぜひご覧くださいませ。
クリスマスのプレゼント選びにもオススメです。


リンネルZAKKA

----------------------------------------------------------------------
リンネル特別編集 リンネルZAKKA
出版社:株式会社宝島社
11月20日(火)発売 | 定価880円 (税込み)
----------------------------------------------------------------------

2012.11.17
『AERA with Baby』(12月号)で「寄木の積木」などが紹介されました。

じゃらんご当地パンフレット 飛騨高山&奥飛騨 in DEEP

『AERA with Baby』(12月号)で
オークヴィレッジの「寄木の積木」「肘付きウサギイス&子ども用テーブル」が紹介されました。

「ママのおしゃれ心をくすぐるとっておきのクリスマスプレゼント」
という特集内での紹介です。

今年のクリスマスは、五感で感じられる木のぬくもりを、お子様にプレゼントしてみませんか?


世田谷ライフ

----------------------------------------------------------------------
AERA with Baby(12月号)
出版社:株式会社朝日新聞出版
11月15日(木)発売 | 定価680円 (税込み)
----------------------------------------------------------------------

2012.11.14
『1才2才のひよこクラブ』で「小さな森の合唱団(琉球版)」が紹介されました。

じゃらんご当地パンフレット 飛騨高山&奥飛騨 in DEEP

『1才2才のひよこクラブ』(ひよこクラブ12月号増刊)で
オークヴィレッジの「小さな森の合唱団(琉球版)」が紹介されました。

東京おもちゃ美術館の館長・多田千尋さんが監修された
「子どもの心を育てる遊び&おもちゃ」という特集内での紹介です。

特集では、子どもにとって「遊び」とはどういうことか、
おもちゃに飽きさせずに長くつき合うコツなどが、
分かりやすく紹介されています。


世田谷ライフ

----------------------------------------------------------------------
1才2才のひよこクラブ
出版社:株式会社ベネッセコーポレーション
11月13日(火)発売 | 定価680円 (税込み)
----------------------------------------------------------------------

2012.11.14
『日経トレンディ』で「シェーヌ・ドゥ アンサンブル」が紹介されました。

じゃらんご当地パンフレット 飛騨高山&奥飛騨 in DEEP

『日経トレンディ』(12月号)の「アイデアと技が光る!逸品のこだわり」のコーナーで
オークヴィレッジの「シェーヌ・ドゥ アンサンブル」が紹介されました。

シェーヌ・ドゥシリーズの特徴や、製作過程のポイントなどが紹介されています。

こちらは、『日経トレンディ』のWEBサイト日経トレンディネットとの連動企画で、
サイト上から、シェーヌ・ドゥ アンサンブルが購入できるようになっています。


世田谷ライフ

----------------------------------------------------------------------
日経トレンディ
出版社:株式会社日経BP社
11月2日(金)発売 | 定価650円 (税込み)
----------------------------------------------------------------------

2012.10.15
『BABY GIFTS 100』で「小さな森の合唱団」が紹介されました。

じゃらんご当地パンフレット 飛騨高山&奥飛騨 in DEEP

“赤ちゃんが産まれたらほしいもの”が、ぎっしりつまった『BABY GIFTS 100』にて、
オークヴィレッジの「小さな森の合唱団」が紹介されました。

他には、三谷龍二さんのベビーズスプーン&ボウルや、
オークヴィレッジの商品を置いていただいている
「ギンザのサヱグサ」
さんのベビーボールなどが紹介されています。

全国の書店の他、アマゾンでもご購入いただけます。


世田谷ライフ

----------------------------------------------------------------------
BABY GIFTS 100
出版社:株式会社阪急コミュニケーションズ
10月12日(金)発売 | 定価2,310円 (税込み)
----------------------------------------------------------------------

2012.08.27
『世田谷ライフマガジン』で自由が丘ショールームが紹介されました。

じゃらんご当地パンフレット 飛騨高山&奥飛騨 in DEEP

世田谷周辺のカフェやショップなど様々な情報が掲載された雑誌、
『世田谷ライフマガジン』で自由が丘ショールームが紹介されました。

今回は、「楽しくてやめられないショッピング&ランチの街・自由が丘」という自由が丘特集。
雑誌の冒頭に登場する「BRAND NEW」というコーナーで、“新しくオープンした気になる店舗”として紹介されました。

「飛騨高山で生まれた国産木材使用の家具やおもちゃ」というタイトルで、
オークヴィレッジのこだわりについても紹介されています。


世田谷ライフ

----------------------------------------------------------------------
世田谷ライフマガジン
出版社:株式会社竅iえい)出版社
No.42 | 8月25日(土)発売 | 定価880円 (税込み)
----------------------------------------------------------------------

2012.08.24
『じゃらんご当地パンフレット 飛騨高山&奥飛騨 in DEEP』で「カフェ・リトルオーク」が紹介されました。

じゃらんご当地パンフレット 飛騨高山&奥飛騨 in DEEP

『じゃらんご当地パンフレット 飛騨高山&奥飛騨 in DEEP』で、オークヴィレッジ高山にあります、
「カフェ・リトルオーク」が紹介されました。

“高山人が選んだ 遠方から来た客人を連れて行くならこんな店”というタイトルにふさわしく、
通常のガイドブックにはあまり載っていないレストランや、喫茶店が多数紹介されております。
例えば・・・
「新井こう平製麺所」さん
「ちとせ」さん
「欧風カレー工房 チロル」さん
「ごっつおや」さんなどなど・・・。

じゃらんご当地パンフレット 飛騨高山&奥飛騨 in DEEP

----------------------------------------------------------------------
高山市内の旅館、ホテル、道の駅などで
無料配布されていますので、
高山旅行の際は、ぜひお手に取ってご覧くださいませ。
----------------------------------------------------------------------

2012.8.9
『ナショナル ジオグラフィック8月号』別冊「森を活かす」に稲本の寄稿文が掲載されました。

ナショナルジオグラフィック日本版

『ナショナル ジオグラフィック8月号』の別冊「森を活かす」にて、6ページに渡り、オークヴィレッジ代表・稲本正の寄稿文が掲載されました。

「世界の森を歩き回って見えてきたこと」というタイトルで、これまでに歩いた世界の森について語っています。

----------------------------------------------------------------------
ナショナルジオグラフィック 日本版
出版社:日経 ナショナルジオグラフィック社
2012年 8月号 | 7月31日(火)発売 | 定価980円 (税込み)
----------------------------------------------------------------------

2012.7.3
JR京浜東北線、中央線の車内モニターで「バット不適格材の有効活用事業」が放映されます

パナソニックトレインチャンネル

オークヴィレッジとミズノテクニクス(株)が共同で取り組んでいる「バット不適格材の有効活用事業※」が、7/2(月)〜7/8(日)の期間、JR京浜東北線と中央線の車内モニター(出入り口上部のモニター)で放映されます。関東地方の方は、ぜひご覧くださいませ。
(番組を提供しているパナソニック様のサイトで、実際の動画をご覧いただけます)

※バット不適格材(バットに使えなかった木)で、ストラップや箸などを製作。その売上の一部をNPO法人「ドングリの会」に寄付し、森づくりに役立てる事業。
バット不適格材で作られた商品はこちらから

2012.07.01
『家庭画報 8月号』で、自由が丘ショールームや新作のKOTOHAなどが紹介されています

現在発売中の『家庭画報 8月号』の「エディターズレポート」のコーナーで、オークヴィレッジの自由が丘ショールームや新作のKOTOHAなどが紹介されています。

(「エディターズレポート」は、編集者がオススメのモノやコトを紹介するコーナーです)

※新作の「KOTOHA」は、7/7(土)より、オークヴィレッジの各ショールームやオンラインショップで販売開始いたします。

----------------------------------------------------------------------
家庭画報
出版社:株式会社世界文化社
2012年 8月号 | 7月1日(日)発売 | 定価1,100円 (税込み)
ページ:21
----------------------------------------------------------------------

2012.4.11
稲本正がNHK BS『地球テレビ エル・ムンド』に出演します

40代のビジネスパーソンたちが、世界のカルチャーやファッション、流行やイベント、世界のオトナたちのライフスタイルを、リラックスしながら楽しめる番組『地球テレビ エル・ムンド』に、稲本正が出演いたします。

稲本正が、「NARISAWA」オーナーシェフ成澤由浩さんの料理を味わいながら、森の話などをする予定です。放映は、4月11日(水)23時〜です。

----------------------------------------------------------------------
NHK BS 『地球テレビ エル・ムンド』
放映日時:4月11日(水)23:00〜23:48
(出演者)MC:アンドレア・ポンピリオ、マギー、成澤由浩
トークゲスト:稲本正
> 番組公式HP  (別ウィンドウで開きます)
----------------------------------------------------------------------

2012.01.31
『MONOCLE』49号(2011年12月/2012年1月)に合掌の家が紹介されました

世界的に注目を浴びている総合情報誌『MONOCLE』の年末年始号に、オークヴィレッジ木造建築研究所が建てた復興住宅「合掌の家」が「The Monocle 100 Favourite Things」(モノクルのお気に入り100)の一つとして、2ページの見開き紙面で紹介されました。

昨年5月東京・表参道のスパイラルガーデンにて「仮設から復興へ」という題のもと発表した「合掌の家」。再生不可能で産業廃棄物と化してしまうプレハブの仮設住宅の代わりに、日本の森に有り余っている杉を有効活用し、伝統工法を駆使して木組みで仕上げる持続可能な「復興住宅」として提案しました。昨年9月にその第一棟として宮城県気仙沼市にNPO法人「森は海の恋人」の活動拠点地として建てられたこの建物が、世界中のあらゆる分野から厳選されたモノクルのお気に入り100の一つに選ばれました。

記事にはオークヴィレッジの大工たちが昔ながらの工法でこの建物を組み立てている様子がたくさんの写真を通して紹介され、この建物の機能的な利便さと先を見据えた哲学が綴られています。

Gassho House in the Monocle Dec-2011/Jan-2012 issue

Global media brand Monocle has featured Oak Village’s Gassho House as part of “The Monocle 100 Favourite Things” in its Dec-2011/Jan-2012 issue.

Oak Village unveiled the Gassho House during the exhibit at the Spiral Garden in May 2011 as a proposal for emergency housing for the victims of the earthquake and tsunami in Tohoku. The house is built entirely with sugi (Japanese cedar), which is abundantly available in Japan, and with traditional Japanese carpentry techniques so that it could last for many years - it is an alternative to the government-sponsored pre-fab temporary housing, which only lasts for a couple of years and will inevitably become industrial waste at the end.

In September 2011, Oak Village built its first practical Gassho House in Kesennuma, Miyagi, as a working place for the non-profit organization, “Mori wa Umi no Koibito” (Forests Are the Sea’s Best Companion). It is this building that Monocle chose as one of its “favourite things” in 2011.

The article shows many pictures of Oak Village’s carpenters building the house, and talks about the functional aspect of the house as well as its forward-looking sustainability.

---------------------------
MONOCLE (モノクル)
紹介物件:合掌の家(宮城県気仙沼市)
出版社:Monocle(イギリス・ロンドン)
『MONOCLE』49号 | 2011年12月/2012年1月 | 2011 Dec - 2012 Jan
ページ:256-257
---------------------------

> 「合掌の家 〜仮設から復興へ〜」紹介記事

> オークヴィレッジ木造建築研究所  (別ウィンドウで開きます)

BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る