ニュース

新着ニュース

『海のいきものつみき』とあのまとぺシリーズの『ぐるぐるからん』がグッド・トイ2017を受賞しました。



『森のどうぶつみき』の姉妹品である、『海のいきものつみき』と、あのまとぺシリーズから、『ぐるぐるからん』がグッド・トイ2017を受賞しました。
グッド・トイとは、遊びを通じて「見る力」「聞く力」「感じる力」「コミュニケーションする力」といったものを身につける手助けをしてくれるおもちゃのことです。オークヴィレッジでは、これまで多数の製品がグッド・トイに選定されており、今回2つの商品が選定されたことにより、計6つめの受賞となりました。




6月10日(土)に四谷のおもちゃ美術館で行われた受賞式では、営業部の片岡が、職人の技術が詰まったオークヴィレッジのおもちゃの質の高さや、国産材を使用したものづくりへの思いなど、おもちゃへの熱い気持ちをお伝えさせていただきました。
また、会場には多くの優れたおもちゃが集まり、来場された方はそれに触れながら、おもちゃの面白さ、興味深さを感じていただきました。おもちゃを介することで、受賞者、来場者ともにコミュニケーションの弾む、温かな雰囲気あふれる式となり、そのようなことからも「おもちゃの魅力」を感じさせられる1日となりました。

 

 

認定NPO法人芸術と遊び創造協会 理事長 多田千尋さんより、選定証をいただきました。

  グッド・トイに選定されたおもちゃが一堂に集まっています。

 

グッド・トイサロンでは、実際に『海のいきものつみき』と『ぐるぐるからん』で遊んでいただきながら、その魅力を感じていただきました。

  受賞式後に受賞された方々での記念撮影を行いました。


 


 

 

 

『海のいきものつみき』
海に囲まれる日本にとってモチーフとなるアジやマグロなどは、食卓にも並ぶような身近なものばかり。大きな魚は小さな魚のいのちをいただいて、私たちも海のめぐみをいただいて。そして、いのちをはぐくむ海の水は、森の木々の力できれいに、ゆたかになっています。そんないのちのつながり、海と森のつながりを、楽しい積木にして日本の木でつくりました。どうぶつの親子をモチーフにした姉妹品『森のどうぶつみき』と 一緒に遊べば、森と海のつながり、地球のつながりを感じることができます。

> 商品情報はこちらから

     
 

グッド・トイに選定された「ぐるぐるからん」は「あのまとぺ」というシリーズ商品のひとつとなります。


「あのまとぺシリーズ」
うまれたての赤ちゃんは、見て、ふれて、感じて…の体験をくり返して、 こころとからだが成長していきます。
『あのまとぺ』は、石ころや木の枝のような自然界にある原初的な形をモチーフにして、素材は人の肌に次いで心地よいとされる木を、そのまま使いました。日本の広葉樹だけを素材に「音」と「動き」を加え、赤ちゃんがひとり遊びしたり、 おとなと一緒に遊んだりしながら、 五感を育むファーストトイです。

> シリーズ一覧はこちらから

『ぐるぐるからん』
赤ちゃんは、色々なものをさわって動かして、外の世界のふしぎや自分とのかかわりを見つけます。さわって"ぐるぐる"動かして"からん"、と響く木の音色が、新たな興味と発見を楽しくささえます。
> 商品情報はこちらから

 

BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る