オークヴィレッジ 国産無垢材(天然木)のオーダー家具

職人の心と技術を込めて、ひとりの職人が木取りから仕上げまで一貫して制作します

私たちの工房は、仕事が分業化されているライン生産とは異なり、創業以来ひとりの職人が木取りから完成まで一貫して受け持ちます。そのため、職人はすべての工程をこなせる技術や知識を必要としています。

機械作業が適しているところ、手作業が適しているところを見極め制作していますが、最後の仕上げ工程は、職人の経験による手作業によっておこなわれます。私たちの家具は手触りがよく、温もりが伝わってくるというお客様の声を多くいただきますが、それは職人の心と技術が込められているからに他なりません。

 

受け継いでゆく伝統技術

私たちが用いる「木組み」には、高度な加工技術が必要不可欠です。木という素材の特性を理解し、用途に応じた工法を用います。その工法は、昔から日本人が培ってきた伝統的なものですが、時にはそれをアレンジし、より進化させ現在の家具の構造や用途に合った技術を開発しています。

 

蟻桟(ありざん)

「板」という字から読み取れるように、木は反る性質を持っています。それを防ぐため、テーブルなどの天板などには、反りを防ぐために「蟻桟」と呼ばれる加工を施しています。天板裏に台形の溝を掘り、その溝に蟻桟を送り込みます。板が伸縮しても、天板が蟻桟を滑ることにより、伸び縮みは許容しつつ、割れることなく反りを防ぎます。

 

この加工は、手前から奥に向けて微妙な幅の差をつけ、音を聞きながら叩き込むもので、匠の技と勘が求められます。

框組(かまちぐみ)

食器棚やサイドボードなどの箱物に利用される工法。
柱状の構造材(框)をほぞ組みによって組上げます。框組は木の伸縮や反りによる狂いの影響が少ない優れた工法です。

ほぞ組み

「ほぞ穴」を「ほぞ」に差し込み、材を接合する工法で、木造建築にも使われている、最も一般的な木組みの技術です。強固な接合ができ、材のねじれなどを防ぐ効果があります。

 

オークヴィレジでは、テーブルの脚と天板の接続などの強度を求める箇所には、より正確な加工精度を要する「二枚ほぞ」という仕口技術を用いています。

かんざし

木材はストローを束ねたような構造をしているので、木口(ストローの先端部分)同士を接合する場合、強固に接合することができません。

そこでかんざしを用いて、接合する部分に橋渡しをする部材を追加し、接合面積を増やすことで強度を増しています。