年数が経てば経つほど魅力が増す経年変化

自然塗料で仕上げた家具は、「年数が経てば経つほど魅力が増す」という経年変化をお楽しみいただけます。
経年変化をお楽しみいただくなかで、使用に伴い付いたキズや汚れについては、家具をお預かりし、塗り直しや修理などのメンテナンスを承っております。
塗り直しを経た家具は、新品よりもむしろ魅力あるものに生まれ変わります。

メンテナンスをしながら何世代にも渡ってお使いいただける家具は究極のエコロジー商品ともいえます。


塗り直し前(メンテナンス前)
塗料(漆やオイル)の光沢も薄れていきます。

塗り直し後(メンテナンス後)
漆を塗り直せば塗り直すほど、新品の頃よりも
より深みのある風合いに生まれ変わります。

拭き漆仕上げ

漆とは、漆の木から採取されたもので、縄文時代から使われてきた伝統的な塗料です。
拭き漆とは、漆を刷毛で木地全体に馴染ませたあと、表面に残った余分な漆を拭き取り、薄い塗膜を硬化させる技法です。この作業を何度も繰り返すことで、艶やかになり、木目がより鮮やかに表れます。

オイル仕上げ

亜麻という草の種子から搾取した亜麻仁油を主成分とした塗料を使用しています。木によく馴染み、自然の木肌そのままのしっとりとした風合いと心地よい肌触りが得られます。永く使い込むほどに、飴色の美しい色に経年変化していきます。