ごあいさつ

温帯に位置する日本に暮らす私たちの先達は、身近な木という自然資源を生活に取り入れ豊かな生活を営んできました。

八百万の神を敬う宗教観から素材を慈しみ、加工においては高い精神性のもと工夫を重ね、世界でも他に類を見ないほど高いレベルにまで木の文化を昇華させました。
私たちオークヴィレッジは長い年月をかけて培われたこの価値観に根ざし、環境との共生を目指しながら、伝統的かつ高度な木工技術を駆使した国産材によるモノ造りを、1974年から飛騨高山の地で続けてきました。

「100年かかって育った木は100年使えるものに」
「お椀から建物まで」
「子供一人、ドングリ一粒」

という3つの理念のもと、素材+技術+デザイン、三位一体型のモノ造りの追求により、素材調達から加工技術に至るまで独自の進化を遂げてきました。
経済と環境の高い次元での融合が地球規模で求められる今世紀、木を使うことで森林、ひいては地球環境全体の健全化に貢献する、真の循環型ビジネスモデルの確立を目指します。

理念

100年かかって育った木は100年使えるものに
私たちが用いる材料は、永い時間をかけて大きく育った木です。
その木が生きた年月と同じくらい、永く使い続けられるモノ造りを目指しています。

お椀から建物まで
日本に生育する様々な木を用いて、玩具、文具、漆器から家具、そして木造建築まで、 暮らしの様々な場面で自然素材を活かす提案をしています。

子ども一人、ドングリ一粒
木を使ったら、100年後に同じ大きさになるドングリを一粒植えて、木を山へ返そう、と考え、 NPO法人『ドングリの会』などの活動を通じて広葉樹の植林・育林を続けています。