オークヴィレッジのモノがたり | OAK VILLAGE STORY

スタッフの愛用品

スタッフの愛用品:折りたたみ小机
スタッフの愛用品:折りたたみ小机

オークヴィレッジの製品で何が一番好きか?と問われたら、私はこの「折りたたみ小机」と答えます。理由は単純ですが、「我が家で家族全員が愛用している品だから」です。

他のアイテムも何点か持っている中で、この小机は家族4人でたった1台を、ある時は私が…ある時は子どもが…と、それぞれの目的と時間帯で使い分け、引っ張りだこにしています。たとえば私はストーブの前に出して町内会の事務をしたり、絨毯でゴロゴロくつろぎたい時におやつを置いたり。妻はノートPC作業を中心に、Skypeの時には背景が整った場所まで移動させて重宝しているようです。長男は自分の部屋に持ち込んで、一人で食事を取らなければならない塾の曜日の食卓に使ったり、次男は家族が集うリビングで、子どもの背丈にも丁度よいリビング学習デスクとして主に使っています。

そもそも家具は時とともに愛着が増して家族みたいな存在に育っていくものですが、この小机はパーソナルファニチャーでありながら老若男女がマルチな目的で使え、例えるならば相手を選ばないパートナーみたいな存在、と言ったところでしょうか。

スタッフの愛用品:折りたたみ小机  

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、この小机は、日本の家具の代表でもある「二月堂机」をベースにしています。二月堂机とはお水取りで知られる東大寺・二月堂のお坊さんが食事をする食堂(じきどう)で用いている道具で、二月堂でも千年以上受け継がれている原型から忠実に制作されていると聞いたことがあります。

質素でありながら何にでも使える高い利便性、コンパクトでありながら必要十分なサイズ、脚を折りたためば移動や収納もでき、自分の居場所を自分の思いで作ることができる。こうした要素が、二月堂だけでなく日本家屋の暮らしでも長く愛され、定着してきた理由でしょう。

「折りたたみ小机」は二月堂机を、言わばオークヴィレッジが現代風に翻訳した品です。もともとの本質や機能性はしっかり継承し、我々が創設以来培ってきたモノ造りの精神を随所に余すことなく盛り込んでいます。国産クリ無垢材を用いた天板は大型テーブル同様に蟻桟を通し、オイル仕上げで時が経つほど表情が深まっていきますし、折りたためる脚の構造にも金具を一切使わず、木製ストッパーでパチンと留めるだけ。重さ約8kgなので女性でも持ち運びができます。

ちょうど今は卒入学シーズンですが、自分も学生時代、こんな机を持っていたら狭かった下宿でもさぞ便利だっただろうな…と思います。折りたたんだ状態で、節句飾りや器を飾ってみてもいいですね。

あらゆる住空間で間違いなく大活躍する「折りたたみ小机」。掛け値なしにおススメです。

営業部:服部 修

■ 和にも洋にもあうシンプルな折りたたみ式の文机 「折りたたみ小机」

スタッフの愛用品:折りたたみ小机
無駄を徹底的に排したシンプルさに、最大限の機能性を持たせた折り畳み式の小机です。仕上げはナチュラルとブラウンがございます。
スタッフの愛用品:折りたたみ小机
重さは約8kg、折りたたんだ時の幅は約8cmで、収納にも場所を取らず、女性でも持ち運びしやすいサイズです。
スタッフの愛用品:折りたたみ小机
脚の固定には無垢材の伸縮を考え、金具を使わず、木だけでつくったオリジナルのストッパーを用いています。季節により硬くなったり緩くなったりする、木の特性を見極めた仕組みです。また、強度を出すために、天板裏の反り止め(蟻桟)にはナラ、ストッパー部のピンはブナ、つまみはサクラ、それをつなぐのがタケと、適材適所にこだわった造りとなっています。
スタッフの愛用品:折りたたみ小机
和にも洋にも合うスクエア形で、天板の幅と奥行は、1:2の比率。天板のクリ材は、過去には枕木として多用されたように、腐りにくく耐久性があり、建築の土台としても良材です。大らかで流れるような木目が印象的で、小節もアクセントとなり、穏やかで落ち着きのある質感が特徴です。
スタッフの愛用品:折りたたみ小机
脚は、畳への負担を軽くする横木(畳ずり)がある構造のため、和室での使用もおすすめです。
スタッフの愛用品:折りたたみ小机
器や瓶を置くサイドテーブルに使えば、皆が集う食卓もすっきりと。
スタッフの愛用品:折りたたみ小机
お茶をしながら楽しいおしゃべり。ほっとくつろぐ午後のひと時にも重宝します。
スタッフの愛用品:折りたたみ小机
お子さまにとってはじめての、自分だけのテーブルとして。お絵かきやおべんきょうにもぴったり。大きくなっても使い続けられるデザインです。
スタッフの愛用品:折りたたみ小机
無垢の木の表情をいかした飾り台に使ったり。工夫にあわせて使い勝手が広がります。

BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る