オークヴィレッジのモノがたり | OAK VILLAGE STORY

材料っておもしろい

樹種シリーズ:水楢
樹種シリーズ:水楢

今回より樹種編と題し、いつも製材所を行ったり来たりで少しは知った気になっているそれぞれの木について、木材チョークを鉛筆に替え、資料片手に、一緒に勉強してゆきたいと思いますのでお付き合い宜しくお願いします 。

ミズナラは、その名に冠をおいたオークヴィレッジ40年の活動を支えてくれた大切な木。大きさや質も様々、木目も表情豊かで力強く、それゆえ用途も多岐に渡ります。それぞれの木の特徴にあわせて製材し、活用できるミズナラは、適材適所なものづくりには最上の木です。

和名をミズナラ、別名オオナラ、英名をジャパニーズ・オークといいます。いわゆる「楢」(ナラ)は総称。里の木で昔から、炭やしいたけのホダ木として多く利用されてきたコナラ(小楢)と、里よりも高く深山にあり、樹齢も長く寒冷地を好み、大径をなすミズナラ(水楢)と日本ではこの二種の木を指します。家具・クラフト用材として使用されているのは、主にミズナラ。

ミズナラと呼ばれる由来は、「多量の水分を持ち容易に燃えにくいから」という意味でつけられたとされ、コナラは、ミズナラの別名オオナラとの対比でつけられたとあります。ではなぜ「ナラ」と呼ばれるようになったのか・・・諸説あり、枝葉の特徴に由来しています。枝葉が風になびく様のしなやかさを意味する古語「ナラナラ」からきた説、落葉が他の木より遅く風で葉が「鳴る」様から、という説や葉の形状が広く平らかであること(そういえば「平らにすること」を「ならす」と言いますね。)などの説があり、昔の日本人の感性を感じます。

「多量の水分をもっている」についても現場で納得できます。実際にナラを製材していて年輪が細かく目の詰まったミズナラは、特に水気が多いように感じます。手で持とうとすると恐い程の重さです。「燃えにくい」は、製材後の天然乾燥でも水が抜けにくいことから合点がゆきます。そのため、急な乾燥は表面ばかり乾いて縮み、割れを起こしやすく、割れないように乾かすのに時間も手間も相当にかかり、人一倍気をつかわなければいけない木です。一言でいうと材料屋泣かせの木なのですが、慌てず丁寧につきあうことが大切です。

その他、欧米ではキングオブフォレスト(森の王様)、属名のラテン語では「美しい樹」の意で呼ばれ、さらにその語源はケルト語で「良質の材」とあります。

北海道のミズナラは、最近まで欧米へ輸出されていた程に上質。粘り強く、色も濃い目、香り高く製材していても胸が高鳴ります。しかし上質なミズナラは、格段に量が減り貴重なものとなっています。

樹種シリーズ:水楢

一般的に製材されている北海道産ナラの原木。質の硬い目の粗いものから目の細かい軟らかいものまで様々にあります。その幅広い材質の違いもナラの特徴の一つ。ここでミズナラと限定しないのは、材質がミズナラより硬いモンゴリナラ・コナラ・カシワなどとの自然交雑がすすんでいるという説があり限定できないからです。今まで、葉のついていない材料を見てきてなぜ、こんなにも質の違いに幅があるのかと疑問に思い、生長の速度や土や環境のせいとばかり思っていましたが、元の種からも違うという話を知って、少し納得しました。

樹種シリーズ:水楢

製材したてのミズナラ。目が詰んでいて、色も香りも本物。テーブルの天板など見栄えのよいところで使用します。色目は水けが多いため、濃く表れます。製材時、大鋸粉(おがこ)と水しぶきを飛ばしながら鋸刃が進んで行きます。

樹種シリーズ:水楢

神々しく朝靄に横たわる大径木のミズナラ。近年、珍しく市場に出品された長野県、中信州の神社にあった木。(樹齢約300年以上。)ケヤキ・トチならばまだ大きな材が出てくると思いますが、ミズナラでこれほどの木は、もう神社か、ほんとに深い奥山にしかないと聞きます。

樹種シリーズ:水楢  

先のミズナラの末口(※)、径1.02m、長さ4.4m、推定5.5トン。これ程の大きさとなるとフォークリフトでは持ち上がりません。このクラスの木を製材できる所も、岐阜で大型クレーンを併設している所ただ一つになりました。

※用語説明:「末口(すえくち)」
伐採された丸太の根に近い方を「元」と言い、枝に近い方を「末」と呼びます。「口」は木口(こぐち)、年輪の見える面を指します。つまり、丸太の枝に近い方の切り口面です。丸太の材積を算出するため、元より巾の狭い末口径の短い方の寸法を検尺します。ちなみに、一般的に4mまでの丸太の材積算出式は(末口直径×末口直径×丸太の長さ)です。

材料担当:西崎 英二

ナラ材をつかったオークヴィレッジの商品

オークヴィレッジでは、重厚で美しい木肌と強い材質を生かして、テーブルや椅子をはじめとした家具や、多くの文具に使用しています。

Swallowテーブル・Swallowチェア   テープカッター(大)   INRO:
Swallowテーブル(幅160cm/オイル仕上げ)
Swallowチェア
  テープカッター(大)
(ナチュラル・ブラウン)
  INRO:
ナチュラル拭き塗漆黒色塗漆

※商品名をクリックいただくと、オークヴィレッジオンラインショップで商品をご覧いただけます。

 

材料っておもしろい

樹種シリーズ:水楢

樹種シリーズ@
「水楢」

 
BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る