ニュース

新着ニュース

展示会『Neo Woods 〜 根尾の広葉樹活用プロジェクト〜』を開催しました。



6月19日(金)から3日間、東京・青山 スパイラルガーデンにて、有限会社根尾開発と、株式会社カネモクとともに、『Neo Woods 〜根尾の広葉樹活用プロジェクト〜』の展示会を開催しました。


本展示では、モノづくりと日本の森の「これまでとこれから」をテーマに、森林資源が豊富な岐阜県内を本拠地とする林業・製材業・製造販売業の3社が連携し、良材でありながら市場の規格から外れた木材「規格外広葉樹」を有効に使った循環型モノづくりを行う新しいプロジェクトを発表しました。

 

展示会『Neo Woods 〜根尾の広葉樹活用プロジェクト〜』の様子

 

 

人工的空間に“木の視点からみたモノづくり”をコンセプトにした森の映像や木材を製材したあとに行う「桟積(さんづみ)」(風通しがよいように間隔を空けて積み上げた木材の乾燥方法)の展示が新鮮であり、展示期間中は、環境月間ということもあり環境意識の高い方々、林業や木工業を学ぶ学生、素材作りからモノづくりまでを体系化したインスタレーション(展示)に惹かれて来場された方々、そして将来のモノづくりに関心をもつ家族連れの方々など、総勢1,200人以上もの来場者で賑わいました。

 

 

本展示会では、林業従事者が森から木を伐採して運搬するシーンの映像と、その丸太が製材所で皮が剥かれ、板材に加工されるシーンの映像を、森の中の「木」、あるいは製材される「木」の目線で捉えたカメラアングルでご紹介しました。

 


 

 

会場のメインスペースでは、チェンソーで伐採された木が地面に倒れた瞬間に、木の葉が宙に舞いあがるシーンをイメージしたディスプレイや、製材後に材種別に「桟積(さんづみ)」した木材を、実際に見たり触れたりすることができる展示により、扱いが難しいとされる「規格外広葉樹」の木が、職人の手を通して良質な木材となる過程を表現しました。

 

 

また、製材された「規格外広葉樹」の木材や、根尾の森の広葉樹から造った家具、おもちゃを展示した本展示会場では、「入ったとたんに木の匂いがした」と皆様が揃って口にされていたのがとても印象的でした。

 

 

「規格外広葉樹」を使った試作品の木馬や積木等のおもちゃを、実際に見て触れてにおいや音を感じて遊ぶことができるように展示しました。

来場されたご家族連れの方や子どもたちがその木馬や積木を通して、有効活用された「規格外広葉樹」の製品を身近に感じ、広葉樹を駆使したモノづくりを再認識していただくことで、本展示会は 「規格外広葉樹」の存在とその活用の糸口の理解につながる「環境月間(6月)」に相応しいイベントとなりました。

 

『Neo Woods 〜根尾の広葉樹活用プロジェクト〜』はスタートしたばかりです。
今後の活動にどうぞご期待ください。

 

 

『Neo Woods 〜根尾の広葉樹活用プロジェクト〜』とは

オークヴィレッジでは“循環型社会を目指したモノづくり”を理念に掲げ、創業当初より国産広葉樹材を用いた木のモノ造りを続けています。同時に『山から木を一本もらったら木を一本返そう』と、植樹活動を通じて未来に森林資源を残す活動を行ってきました。
今回のプロジェクトは更に発展し“今現在を生きる私たちが、日本の森林資源をいかに上手く活用できるか?”という課題への新たな道筋を示す取組みです。

岐阜県内の広葉樹に携わる林業と製材業、木製品製造・販売業の3社が連携し、岐阜県本巣市根尾地域の森林整備の過程で伐採された木の中でも、良材でありながらも市場の規格から外れているため、木材として使われてこなかった「規格外広葉樹」を使った循環型モノづくりを始めます。

私たちはこの取組みを実践することで、より環境に寄り添った地場型・循環型の国産広葉樹活用システムを確立し、モノづくりと自然環境の未来に、「木」という再生可能資源を使った持続可能な循環型社会を実現したいと考えています。



根尾の広葉樹活用プロジェクト連携協定とは
オークヴィレッジ株式会社は、お椀から建物まで手がける技術と経験を活かし、良材であっても市場の規格から外れた「規格外広葉樹」の活用範囲を広げることで森林資源の価値を創造しようと、岐阜県内の広葉樹に携わる林業と製材業と連携し、『根尾の広葉樹活用プロジェクト』を立ち上げました。

岐阜県内で林業を担う有限会社根尾開発と製材業を営む株式会社カネモクとオークヴィレッジ株式会社の3社は、「根尾の広葉樹活用プロジェクト連携協定」を正式に締結し、材料調達から生産、販売まで一貫した新しい形のビジネスモデルの構築を目指しています。


     
  主催・お問い合わせ
根尾の広葉樹活用プロジェクト連携協定 (事務局:オークヴィレッジ株式会社)
TEL:0577-68-2244(代表)
 
     
BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る