ニュース

新着ニュース

展示会『Neo Woods 〜 根尾の広葉樹活用プロジェクト〜』の開催について


 


このたび、『根尾の広葉樹活用プロジェクト』についてご紹介する展示会を、スパイラルガーデン(所在:東京都港区南青山)にて開催いたします。

 


『Neo Woods 〜根尾の広葉樹活用プロジェクト〜』とは

オークヴィレッジでは“循環型社会を目指したモノづくり”を理念に掲げ、創業当初より国産広葉樹材を用いた木のモノ造りを続けています。同時に『山から木を一本もらったら木を一本返そう』と、植樹活動を通じて未来に森林資源を残す活動を行ってきました。
今回のプロジェクトは更に発展し“今現在を生きる私たちが、日本の森林資源をいかに上手く活用できるか?”という課題への新たな道筋を示す取組みです。

岐阜県内の広葉樹に携わる林業と製材業、木製品製造・販売業の3社が連携し、岐阜県本巣市根尾地域の森林整備の過程で伐採された木の中でも、良材でありながらも市場の規格から外れているため、木材として使われてこなかった「規格外広葉樹」を使った循環型モノづくりを始めます。

私たちはこの取組みを実践することで、より環境に寄り添った地場型・循環型の国産広葉樹活用システムを確立し、モノづくりと自然環境の未来に、「木」という再生可能資源を使った持続可能な循環型社会を実現したいと考えています。



根尾の広葉樹活用プロジェクト連携協定とは
オークヴィレッジ株式会社は、お椀から建物まで手がける技術と経験を活かし、良材であっても市場の規格から外れた「規格外広葉樹」の活用範囲を広げることで森林資源の価値を創造しようと、岐阜県内の広葉樹に携わる林業と製材業と連携し、『根尾の広葉樹活用プロジェクト』を立ち上げました。

岐阜県内で林業を担う有限会社根尾開発と製材業を営む株式会社カネモクとオークヴィレッジ株式会社の3社は、「根尾の広葉樹活用プロジェクト連携協定」を正式に締結し、材料調達から生産、販売まで一貫した新しい形のビジネスモデルの構築を目指しています。



『Neo Woods 〜根尾の広葉樹活用プロジェクト〜』展示会詳細について

今月5日は「環境基本法」で定められた「環境の日」であり、6月の一ヶ月間は「環境月間」として、全国で様々な行事が行われおり、この機会に、国内の広葉樹を取り巻く現状と、根尾の広葉樹活用プロジェクトの取組みを多くの方に知っていただきたく、今回の展示イベントを開催します。

本展示では、規格外の広葉樹が有効性の高い木材へと生まれかわる過程の映像を交えてご紹介します。また、国産広葉樹とはどんな木であるかを見て触れる場をご用意しており、日常生活における国内の森林のあり方について、そして地球環境のことを考えるきっかけを提供します。


<映像の内容について>
ご紹介する映像では、木材生産、製材、加工の三つの現場を取材し、木材として活用が難しいとされる規格外の根尾の広葉樹が、職人の手や知恵を介すること で、有効性が高く個性豊かな木材へと生まれ変わっていく様を、木と木に近い位置に設置された数台の小型カメラの視点(木の視点)により物語ります。


 

 

 展示会名  『Neo Woods』 〜 根尾の広葉樹活用プロジェクト〜
 主催  根尾の広葉樹活用プロジェクト連携協定 (事務局:オークヴィレッジ株式会社)
 日時  2015/6/19(金)〜6/21(日) 11:00〜20:00
 会場  スパイラルガーデン
 アクセス

 〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23 (アクセス地図はこちらから)

     
  主催・お問い合わせ
根尾の広葉樹活用プロジェクト連携協定 (事務局:オークヴィレッジ株式会社)
TEL:0577-68-2244(代表)
 
     
BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る