ニュース

新着ニュース

「オークヴィレッジ 森のおもちゃ研究室」のサイトを新設しました

オークヴィレッジ 森のおもちゃ研究室


オークヴィレッジ株式会社では、「オークヴィレッジ 森のおもちゃ研究室」を2016年4月に発足させました。

この研究室では、“子どもの成長を支えるおもちゃ”の開発を目指しています。

自然豊かな森の中でやさしい素材、見飽きることのない色や形、心地よい音や響きなど、子どもたちが森そのものを感じるモノやコトを生み出す研究をしています。 

 

■素材:日本の森から採れた国産の木を無垢材のまま加工しています。

何十種類とある樹種の中から、小さな子どもの手にも堅さや重さの実感がちょうど良いよう大きさや木の種類を選別し、そしてそれぞれの個性までも感じて発見できるように、多彩で適材適所の選材を行っています。

 

■技術:匠の国、飛騨高山を拠点に伝統工法を活用するノウハウをつぎ込んでいます。

例えば、「木組み」は、無垢の木を永く使うことができる技法で、金具を使わないので、子どもにも安心・安全です。しかも、破損した際にも修復可能で、木という素材を最大限に活かす技術です。

 

■意匠:乳幼児たちが思わず試したくなる、ワクワクするような、創造性が広がるようデザインしています。

丸や三角などのシンプルで組み合わせ自由な造形から、石ころや木枝のような自然界の原初的な形をモチーフに、子どもの年齢や動作に合った「音」や「動き」を加えています。

 

▼ 「オークヴィレッジ 森のおもちゃ研究室」はこちらから
   http://oakv.co.jp/toy_lab/

 

BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る