ニュース

新着ニュース

自由が丘ショールームに薪ストーブを設置しました
自由が丘ショールームに薪ストーブを設置しました

ストーブのたゆたう炎を眺めていると、物理的な暖かさと共に心理的な暖かさが心にゆらめいて来ます。冬の寒い季節、「ストーブのある暮らし」のイメージを味わって頂こうと、自由が丘ショールームに薪ストーブを設置しました。

自由が丘ショールームに薪ストーブを設置しました

イメージは、デッキに面したリビングの中の「ストーブのある暮らし」です。写真の薪ストーブはオークヴィレッジオリジナルの薪ストーブです。

自由が丘ショールームに薪ストーブを設置しました

オークヴィレッジでは、空間に合わせて「暖炉」「薪ストーブ」も、オリジナルで設計・製作しています。暖炉の設計は、形も大切ですが、目に見えない空気の流れをデザインすることがなによりも重要です。「火が燃える」ためには、気持ちよく空気が流れなければなりません。試行錯誤を繰り返した経験と、計算結果を基に、見えない空気をデザインします。 「詳細図作成→各部計算・模型検討→原寸模型検討→詳細図まとめ」の工程を経て、世界でひとつの暖炉が完成します。

また、薪に炎をともすには、細い薪や新聞紙を空気が通りやすい形状に組み、火起こしをし・・・、と言ったプロセスが必要となり、スイッチ一つで暖かくなる仕組みとは真逆です。そのプロセスがあるからこそ、炎のゆらめきは格別なのでしょう。(ちなみに炎のゆらめきは1/fゆらぎ。自然界にある現象や形態はみなこの1/fゆらぎに根ざすそうです。木が風になびくざわめき、海辺の波の音、小川のせせらぎ、桜の舞い散るさま、木の年輪や木目…etc)心地よく燃える炎は生活を豊かに演出します。

自由が丘ショールームに薪ストーブを設置しました

オークヴィレッジはこのような事をデザインの拠り所とし、またお客様と二人三脚で、世界に一つの住まいと住まい方を提案しています。

自由が丘ショールームには、今回の展示の他に、オークヴィレッジが手がけた物件の写真や掲載誌、木組みの模型も展示しています。また、お気軽にご相談いただければと思い、土曜、日曜の午後は建築部スタッフがショールームに待機しています。是非一度足をお運びください。

> オークヴィレッジ木造建築研究所についてはこちら 

BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る