ニュース

新着ニュース

『オークヴィレッジ通信 春号』 巻頭インタビューは「トラン・ブルー」成瀬正さん!

シルヴァンクラブの皆様に年に4回お届けしております会報誌『オークヴィレッジ通信』。

次回春号(4月1日発行)の巻頭インタビューでは、今や全国的に有名になりました高山のパン屋さん「TRAIN BLEU(トラン・ブルー)」のオーナーシェフ・成瀬正さんにご登場いただきます。先日取材のため、お店にお伺いしました。

トラン・ブルー 通信取材

フランス語で「ブルー・トレイン」という意味。道のりは長くとも、目的に
向かってひたすら走り続けよう!という想いが込められているそうです。

トラン・ブルー 通信取材

現在四代目の成瀬さん。大学3年生まで、家業を継がれるお気持ちは
なかったとか。その成瀬さんが、お店を継ごうと思われた理由とは?

トラン・ブルー 通信取材

見ているだけでもワクワクするパンが並ぶ店内。成瀬さんがパン作りで
大切にされていることとは?

トラン・ブルー 通信取材

笑顔が素敵なスタッフの皆さん。成瀬さんの、スタッフの皆さんへの
想いもお伺いしました。

誌面では、成瀬さんのパン作りに対する思いや「トラン・ブルー」に流れるエスプリについて、詳しくご紹介いたします。どうぞお楽しみに!

※「オークヴィレッジ通信」は、弊社の会員制度「シルヴァンクラブ」の会報誌です。ご購読希望の方は、こちらからお申込くださいませ。

BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る