ニュース

新着ニュース

「オークヴィレッジ高山 サマーフェア」が終了しました

8月10日(土)から8月18日(日)まで、オークヴィレッジ高山にてサマーフェアを開催しました。

暑さ厳しい中、連日多くの方にご来店いただき、とても賑やかな9日間となりました。
また、イベントにも多数ご参加いただきまして誠にありがとうございました。こちらでは、フェア期間中のイベントの様子をご紹介いたします。

オークヴィレッジ高山サマーフェア

オークヴィレッジ高山サマーフェア

「清流のせせらぎを川のぼり」

毎年人気のこのイベント。今年も告知後すぐに定員に達してしまいました(ご参加いただけなかった皆様、申し訳ございません!)。

お天気にも恵まれたこの日、約30名の参加者の皆さんは、時に歓声をあげながらゴールを目指して上へ上へ!

谷川をのぼった後は、川で冷やしたきゅうりやトマトで腹ごしらえ!スイカ割りもお楽しみいただきました。

オークヴィレッジ高山サマーフェア

「職人と一緒に木工体験」

「森のネームプレート作り」と「クロモジの楊枝作り」からお選びいただいたこちらのイベント。お子さまには、ネームプレート作りが大人気!木の実や小さな木片を使って、次々と力作が出来上がっていました。夏休みの宿題にも役立ったかな。

大人の皆さんは、小刀を使っての楊枝作りにチャレンジ!職人に小刀の扱いを習いながら、黙々とクロモジを削っていらっしゃいました。

オークヴィレッジ高山サマーフェア

「オークヴィレッジの椅子講座と椅子展」

オークヴィレッジの椅子を展示したスペースで、椅子講座を開催しました。

講師は、グッドデザイン賞受賞の家具をデザインした佐々木が担当。椅子の歴史や、飛騨の家具の特徴、椅子選びのポイントなどを具体的にお話ししました。

オークヴィレッジ高山サマーフェア

「大工さんになろう!(まな板削り体験)」

ショールームに併設の「森の博物館」では、「オークヴィレッジの建築展」を開催。そのイベントの一環で、大工と一緒にまな板削りを体験していただきました。

その他に「木組みの家 解体・組立の実演」も行い、お客様にもお手伝いいただきながら、木組みの家が出来上がる様子をご覧いただきました。

オークヴィレッジ高山サマーフェア

「稲本正の夏講座 21世紀後半を救う若者のつくり方」

イベントの最後は、オークヴィレッジ代表・稲本正による講座「21世紀後半を救う若者のつくり方」。

人類の文明はどのように変化してきたか、そして現代の文明の特徴とその問題点は何か、子供を育てる上で大切なことは何かなど…、1時間に亘って稲本がお話ししました。

多くの方にご参加いただき、スタッフ一同感謝の気持ちで一杯です。
次回は、10月5日(土)より「アートギャッベ展」を開催いたします。詳細が決まりましたらお知らせいたしますので、ぜひお越しくださいませ。

BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る