ニュース

新着ニュース

8/26(日) 自由が丘ショールームにて、家具講座「100年使える家具づくり 〜テーブル編〜」を開催しました

8/26(日)、自由が丘ショールームにて、家具講座「100年使える家具づくり 〜テーブル編〜」を開催しました。

オークヴィレッジで家具のデザインをしている佐々木一弘(2008年・2009年グッドデザイン賞受賞)より、テーブルの高さと椅子の高さとの関係、無垢の木の家具ならではの構造など、様々な点についてお話させていただきました。

こちらは家具で使われる素材のサンプル。オークヴィレッジでは本物の木をそのまま材にした「無垢材」を使います。

無垢材(左上)・集成材(右上)

メラニン化粧材/パーティクルボード(左下)・突き板合板/フラッシュ構造(右下)

無垢材を使う家具ならではの「蟻桟」。釘やネジを一切使わず、木組みで仕上げます。

「蟻桟」は、日本に古くから伝わる伝統工法です。修復も可能で、私たちが100年使える家具と自負する所以です。

私たちは、お客様のお体やライフスタイルに合った、末永く使っていただける家具をお勧めしています。
スタッフがお話しを伺い、高さの調整なども体感していただけるようになっていますので、ご自分に合った家具をお探しの方は是非足をお運び下さい。

次回の自由が丘ショールーム家具講座は、9月30日(日) です。
テーマ は「100年使える家具づくり 〜収納編〜」。
オークヴィレッジが得意とする「箱モノ」(家具業界では食器棚、書棚などの収納家具をこう呼びます)に関するお話をさせていただきます。

ご予約は自由が丘ショールームまで、お気軽にどうぞ!。
TEL: 03-5731-3107 E-mail: tokyo@oakv.co.jp

BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る