ニュース

新着ニュース

「寄木の積木」と「小さな森の合唱団(琉球版)」がグッド・トイ2012選定!

オークヴィレッジのベストセラー「寄木の積木」と、どの音から奏でてもあら不思議、沖縄民謡のような調べに...、の「小さな森の合唱団(琉球版)」が「グッド・トイ2012」に選定されました。2009年選定の「森の合唱団」に続き、オークヴィレッジの「グッド・トイ」が計3点になります。6月9日には、東京おもちゃ美術館にて、授与式が行われます。

寄木の積木


ブナ・トチ・ホオ・・・木目も肌触りも、色合いも重さも違う、いろいろな樹種の木で作った積木を木箱に詰めた、オークヴィレッジのおもちゃの原点です。「安心して遊べる環境」と「良質なおもちゃ」を、被災地に豊かな遊びを直接届ける「あそび支援隊」、東京おもちゃ美術館に昨年10月にオープン以来大人気の「赤ちゃん木育ひろば」でもお使いいただいています。

>商品を見る 

小さな森の合唱団(琉球版)


同じ長さの音盤で音階を奏でる不思議な木琴「森の合唱団」(「2009年グッド・トイ選定」)の仲間。職人がひとつ一つの音盤の声に耳を傾けて調律しています。

>商品を見る 

グッ・トイとは?

人は遊びを通して、生きる力を身につける。優良なおもちゃ「グッド・トイ」とは、その手助けをしてくれるおもちゃとの考えから、「日本グッド・トイ委員会」が1985年より毎年選定しています。「グッド・トイ」は、おもちゃコンサルタントの選考委員による書類選考、全国のおもちゃコンサルタントによる冊子投票、東京おもちゃ美術館と今年は岩手県の2会場で行われたファミリー選考会、そして選考委員による最終選考を経て選ばれます。全国各地の保育園や幼稚園他、子どもたちを支えるさまざまな場所で、介護の現場で、おもちゃを遊び手に届ける売り手として、それぞれの前線にておもちゃを「生きる力」を育む道具として、何通りにも使いこなしている方々に選んでいただいたことがとても嬉しく、また身の引き締まる思いです。

> 「日本グッド・トイ委員会」公式サイト

BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る