ニュース

イベント情報

2013.05.18 第9回 バットの森づくり
バットの森づくりバットの森づくり
     
 

こどもたち、集まれ〜! みんなでバットの木を育てよう!

オークヴィレッジの森で、「バットの木」を植えませんか?プロ野球選手のバットを製造するミズノテクニクス(岐阜県養老町)との共同で、バット職人さんやミズノのスタッフとともに、バットの木・アオダモなどを植樹します。植樹ははじめての方、野球経験がないお子さま、もちろん大歓迎!!森づくり活動のほか、投げたボールは球速何キロかな?「スピードガンコーナー」や、持ち帰って育てよう「カブトムシの幼虫探し」、木工職人が教える「バットの木のマイ箸づくり」など、小さなお子さまから楽しめて、野球と森にふれあう催しがいっぱいです。催しはすべて無料となりますのでぜひご参加くださいませ!

 
 
お問合せ・お申し込み

Tel:0577-68-2244

Mail:info@oakv.co.jp

  ■ メールでお申し込みの場合は、以下の内容をご記入ください
・お名前
・ご参加人数(大人/子ども それぞれ) ※大人だけの参加も大歓迎です
・お越しの際の車の台数
・当日のご連絡先
・件名は 『バットの森づくり 参加申し込み』 とご入力ください
 
     

「バットの森づくり」は、ミズノテクニクス株式会社(岐阜県養老郡養老町)と、オークヴィレッジ株式会社(岐阜県高山市清見町)が、共同で、 2005年春より開始した「バット不適格材 有効利用事業」(不適格となったバットを、再度、 小物に加工し直すことで有効利用する)の寄付金により、NPO法人ドングリの会が開催します。

バット製造過程で不適格となった材料を有効駆るようした携帯ストラップなど、 関連グッズ売上げの2%が寄付され、70〜80年後にバットとなるアオダモやカエデ、ホオなど、これまでに約1,900本近くを植樹しました。

9回目となる今年は、2008年開催の第4回活動地にて無事に活着した苗の周辺整備、森全体の手入れを行います。また、「アオダモ シンボルツリー」周辺の野原エリアに、外来種(オオハンゴンソウ)の生育が広がってしまっており、その繁殖を妨ぐために土地を掘り起こすことからの整備を行い、新たにバットの木を植樹します。

森づくりのステージとして「植える」から「育てる」段階へ、更に強化していきます。アオダモのマイ箸づくりや野球教室、カブトムシの幼虫を探すイベントも行いますので、野球好きの方やご家族連れでぜひご参加ください。

バットの森づくりバットの森づくり
BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る