オークヴィレッジとは | ABOUT OAK VILLAGE

「森と生きる」を合い言葉に環境と健康を考えたモノ造り

私たちオークヴィレッジは、1974年創設以来、飛騨高山の地にて三つの理念を大切にしながら活動してきました。持続可能な社会を目指し、循環型社会を念頭に置き、木の作品を通じて自然と共に生きる意義を常に考えています。

100年かかって育った木は100年使えるモノに Turning a 100-Yaer-Old Tree into Products that Last 100 years

オークヴィレッジでは100年使えるモノ造りをモットーとしています。木は伐られても、それだけの年月を作品として生き続ければ、その間に充分森を育てることができるのです。伐った後にまた木を植えることで、木は資源として保たれるだけではなく、その生長の過程で二酸化炭素を吸収して内部に固定し、私たちに水や酸素などの恵みをもたらし、生態系を豊かにしてくれます。

We only use trees from planted forests and second-growth forests in Japan. Second-growth forests account for approximately 55% of Japan’s forests, and some trees are over 100 years old. We work hard to create high-quality products, which will last at least as many years as the age of the trees used in those products.

お椀から建物まで From Bowls to Buildings

無垢の木を使い、身のまわりの小物から漆器類、家具、そして木造建築まで、暮らし全般に関わるモノ造りを行うことは、木を貴重な資源として有効利用することでもあります。適材適所に木を選び、伝統工法で永く愛される作品を創ることを常に心がけています。

Using solid wood (as opposed to plywood or veneer), we try to utilize a given tree as much as possible by creating a wide range of products. We produce small products like accessories, stationary, tableware, small interior articles and smaller furniture from thinner parts of trees while we make larger furniture and buildings from the trunks of trees.

子ども一人、ドングリ一粒 One Acorn for Every Child

「山から木を一本もらったら、木を1本返そう」という考えから、NPO法人「ドングリの会」を発足させました。一般の方の参加を広く呼びかけ、家庭で育てていただいたドングリを山へ植林する活動や、二次林の枝打ち、下草刈り、除間伐などを日本各地で行っています。

Through our affiliated NPO, Acorn Club (Donguri no Kai), we plant and nurture broad-leaved trees to increase the diversity in our forests. Our aim is to revive the health of our ecosystem and to provide an opportunity for people of all ages and organizations, including corporations, to participate in forestry activities while learning about the environment.

BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る