オークヴィレッジとは | ABOUT OAK VILLAGE

オークヴィレッジの歩み

> 会社沿革にもどる

オークヴィレッジ創設

高山市郊外の農家の納屋を拠点に、ナラ材を主体とした受注生産の家具工房としてスタート。

サマーセミナーを開始

対外的な交流の第一歩として一般の人たちにも木工の楽しさを伝えていく。

新宿紀伊國屋書店で
初の展示会を開催

書店という不似合いな場所で家具の展示をしたいという想いが紀伊國屋書店の重役に面白がられて展示会を開催することに。1週間の期間中に、展示した家具を全て完売。さらに3年先までの受注を受ける。

第一回「夏祭り」開催

永六輔さんを中心に音楽家や芸能人の方々を招き”夏祭り”を始める。地元の人たちとの交流の場ともなり、その後25年続いた。

「森林たくみ塾」創設

木の文化のプロフェッショナルの担い手としての後継者育成を目的とした木の総合教育機関を創設。

森の博物館、ショールーム「ハート・オブ・オーク」、
喫茶「カフェ・リトルオーク」を開館

創設20周年を記念し、本拠地敷地内に工芸美術館であり自然博物館でもある新しいスタイルの博物館を開館。ショールームと喫茶も同時オープン。

オークヴィレッジ東京を移設

新宿紀伊國屋書店8階の拡張されたスペースにショールームを移設。

オークヴィレッジ名古屋を開設

新しく開店したJR名古屋駅併設の高島屋9階にショースペースを開設。(2012年2月閉店)

「緑の国へ」展覧会

表参道スパイラルガーデンにて「緑の国へ」と題し、3月11日の震災からいかに日本が復興し新たな未来を築くことができるかを提案。中でもプレハブ仮設住宅に対する新たな「復興住宅」として提案した「合掌の家」は注目を浴びる。

現在の本拠地に移動

本拠地を岐阜県大野郡清見村(現・高山市清見町)の現在地に移す。自給自足を目指し、農業も手がけるが悪戦苦闘の末断念。「木」という再生可能資源を使い、日本の伝統工芸である木工を駆使して品質の高い木製品を造ることに専念。

オークヴィレッジ東京開設

新宿紀伊國屋書店4階に小さなショースペースを開設。首都圏に向けての発信の拠点とする。

NPO法人「ドングリの会」を発足

生態系の回復と環境教育の実践を目指し、市民参加型の広葉樹の植林・育林活動に力を入れ始める。

建築部が本格的に始動する

それまで本拠地敷地内の様々な建物を手掛けていたが、設計・施行の体制を確立させ、本格的なオークヴィレッジ建築部が始動する。

建築士事務所登録を
「オークヴィレッジ木造建築研究所」と改名。

設計・施行の体制が確立し、本格的なオークヴィレッジ建築部が始動する。

オークヴィレッジ大阪を開設

大阪・阪急うめだ本店にショースペースを開設し、関西圏の情報発信の拠点となる。(2013年4月閉店)

パリで開催の国際家具見本市に出展

四半世紀に渡る活動の節目としてオークヴィレッジが欧州デビューを果たす。

創設30周年

30周年を記念して新宿高島屋にて永六輔さん、浅葉克己さん、おすぎさんピーコさん、林英哲さんをお招きし、トークショーを開催。これを機に浅葉克己さんデザインの新たなロゴも披露。

BACK TO TOP OF PAGE | ページトップへ戻る